• おすすめ住宅ローン借り換え比較ナビ - 金利ランキング&借り換えガイド

融資手数料の定率型と定額型はどっちがお得か?

住宅ローンの融資事務手数料には定率型と定額型があり、金融機関によって採用している方法が異なります。
金融機関によっては両方から選べるところもあります。
定率型とは、融資額×〇〇%の融資事務手数料がかかるタイプ。定額型は、融資額に関係なく手数料が固定のものです。
借り入れ金額によって定率型のほうが融資事務手数料が高くなることが多いと思いますが、その分金利が低いことが多いので、お得な場合もあります。
金利が同じでも融資額、借入期間によって総支払額が変わってきますので、金利とあわせてチェックましょう。


定率型と定額型の支払総額の概算を計算する

融資額 万円
借入期間
定率型 事務手数料利率
ローン金利 %
定額型 事務手数料額
ローン金利 %


すべての入力欄に入力して下さい。


※計算は概算ですので、実際の数値とは異なることがあります。
※計算を簡単にするために利息は元金均等返済で計算しています。